14 件中 1 - 10 件を表示
次の 4 件 »
Displaying posts with tag: MySQL Router (reset)
MySQL Router2.1とInnoDB Clusterの挙動

InnoDB Clusterを構築すると、MySQL Routerの設定ファイルが自動的に作成されます。基本的にはTTLによって構成はキャッシュされますが、metadata cache componentが常にMySQLに接続していて、Group Replicationの状況をモニタリングしています。それにより、構成変更や障害発生時には自動的に検知してアプリケーションを適切なデータベースに振り分けてくれます。

【以下、マニュアル抜粋】
MySQL Router keeps a cached list of the online MySQL servers, or the topology and state of the configured InnoDB cluster. Initially, the list is loaded from Router’s configuration file when Router is started. This list was generated with InnoDB cluster servers when Router was bootstrapped using the –bootstrap option.

To keep the cache updated, the metadata cache component keeps an open connection to one of …

[さらに読む]
Sandboxモードを利用したInnoDB Clusterの検証

MySQLで高可用性構成を実現する為の、新しいフレームワーク “InnoDB Cluster”がGAになりました。
http://mysqlserverteam.com/mysql-innodb-cluster-ga/

複数サーバーを用意して検証する事も出来ますが、手取り早く手元のlocalhost環境で検証したい場合はSandboxモードを利用すると良いでしょう。

詳細: Deploying Sandbox Instances
https://dev.mysql.com/doc/refman/5.7/en/mysql-innodb-cluster-getting-started.html#idc-deploy-sandbox-instances

■ MySQLインスタンスの作成 (3台~9台:奇数構成を推奨しています)

[さらに読む]
MySQL Group ReplicationとMySQL Router2.1

MySQL Router2.1βがリリースされていたので、念の為にMySQL Group Replicationとの連携を確認しました。まだ、βなので機能が全部追加されている訳ではないので、今後のGAに期待したいと思います。

1: Group Replication基本設定と動作
2: MySQL Router2.1βの基本動作確認
3: Single Primaryモードの場合のFailOverの挙動確認

検証で利用したMySQLのバージョン


[root@replications gr]# /usr/local/mysql/bin/mysql -uroot -proot -S/home/mysql/gr/mysql1/my.sock -e "select @@version"
mysql: [Warning] Using a password on the command line interface can be insecure.
+-------------------------------------------+
| @@version                                 |
+-------------------------------------------+
| …
[さらに読む]
MySQL InnoDB Cluster概要

InnoDB Clusterは、MySQLの高可用性構成をサポートするMySQLの可用性フレームワークです。
まだLab版ですが、既にRCになっているMySQL Group Replication、GAになっているMySQL Router (GAはバージョンは1.x),MySQL Shell (DMR)を組み合わせて高可用性を実現しています。
基本的な動作は、MySQL Fabricに似ていますが、管理リポジトリー自体がGroup Replication内にあるので、デフォルトで冗長化されています。また、MySQL Router,MySQL Shell,MySQL Group Replicationが蜜に連携していて1つのHAパッケージのようになっています。まだ、十分に検証出来ていませんが、基本的な動作を確認したので、此方にメモしておきます。
※まだLab版なので、仕様は変わると思います。

[さらに読む]
MySQL Routerの接続でMySQL Fabricのlogテーブルがあふれた(event_schedulerをOFFにするとあぶない)

MySQL Fabricには /etc/mysql/fabric.cfg の [logging]セクションの他にもログを取る部分が仕込まれていて、


mysql> SELECT * FROM fabric.log;
+---------------------------+----------------------------+------------------------------+-----------------------------------------------------------------------+----------+------+
| subject | reported | reporter | message | category | type |
+---------------------------+----------------------------+------------------------------+-----------------------------------------------------------------------+----------+------+
| 0 | 2016-05-16 06:48:47.000000 | mysql.fabric.services.manage | Fabric node version (1.5.6) started. | 0 | 0 |
| manage.ping | 2016-05-16 …
[さらに読む]
MySQL FabricによるSharding環境においてのMySQL Routerの利用

MySQL FabricにてSharding構成を組んだ環境において、MySQL Routerを利用する場合の設定確認。

Shardingされた環境においても、MySQL Fabric対応コネクターを利用するとアプリケーションからDBへの接続先はFabric管理サーバーで良い。
但し、MySQL Fabric対応コネクターを利用する為には既存アプリケーション書き換えなどが必要になり。導入が大変な為なかなか導入に踏み切れない。
MySQL Routerを利用するとアプリケーションの書き換えは殆ど必要無く、単純に接続先をMySQL Routerに向けるだけで済む為、導入が非常にシンプルになります。
データベースをMySQL FabricにてShardingしていない環境では、MySQL Routerの導入はアプリケーション側もインフラ側もハードルは高くない。
但し、MySQL …

[さらに読む]
MySQL RouterとMySQL Fabric連携による可用性の向上

レプリケーションフレームワークのMySQL Fabricについては、昨年概要をブログに書いたので本日は、
MySQL FabricをMySQL Routerの連携による可用性や柔軟なスケールアウト方法について確認して見ます。

MySQL Fabricは便利なフレームワークですが、Fabric対応コネクターを利用しないと利用出来ず、
アプリケーションの書き換え労力が必要な為、あまりまだ広まっていませんでしたが、
MySQL Routerのリリースにより今後利用されるケースも増えてくるかと思います。

1. 障害発生時にマスターとスレーブ(新マスター)を自動切り替えし、アプリケーション接続変更は必要が無い。
2. …

[さらに読む]
MySQL Routerをlocalhostに置いたらどれくらいの遅延になるかを考えるメモと、MySQL Routerは本当につらくなかったのかのまとめ

この記事は MySQL Fabric&Routerつらくない Advent Calendar 2015 の25日目の記事です。

まずはどうやって遅延を計測しようか考えているメモをだだだと書きなぐる。後半にまとめっぽいものを。

計測環境。サーバーもクライアントもc4.xlarge。サーバーはyumリポジトリーで5.7.10を突っ込んで起動しただけ。


# rpm -i http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el6-7.noarch.rpm
# yum install -y mysql-community-server
# service mysqld start
# grep password /var/log/mysqld.log
# mysql -p
mysql> UNINSTALL PLUGIN validate_password;
mysql> CREATE USER yoku0825;


クライアントは接続してSELECT NOW()して切断するだけのもの。


[さらに読む]
MySQL Routerつらくない(Dockerで誰でも試せるMySQL Fabric Cache Plugin編)

この記事は MySQL Fabric&Routerつらくない Advent Calendar 2015 の14日目のエントリーです。

前回の記事で無事にMySQL Fabric Cache Pluginでマスター/スレーブの構成をMySQL Fabricに管理させつつ、コネクションはMySQL Routerでハンドルさせることができたので、みなさんそろそろ

「MySQL Router つらくない!」
「MySQL Fabirc つらいけど 試してみたい!」

とテンションが上がっているところだと思います。
お願いします、上げてください。

日々の覚書: MySQL Routerつらくない(MySQL Fabricと組み合わせて使ってみる編)


[さらに読む]
MySQL Routerつらくない(MySQL Fabricと組み合わせて使ってみる編)

この記事は MySQL Fabric&Routerつらくない Advent Calendar 2015 の10日目のはずだったけれど日付が変わっちゃった残念な記事です(´・ω・`)


$ mysqlfabric --param=protocol.xmlrpc.address=172.17.3.202:32274 group lookup_servers myfabric
Fabric UUID: 5ca1ab1e-a007-feed-f00d-cab3fe13249e
Time-To-Live: 1

server_uuid address status mode weight
------------------------------------ ----------------- --------- ---------- ------
7dbe3da8-9f4f-11e5-ad3e-0242ac1103ce 172.17.3.206:3306 SECONDARY READ_ONLY 1.0
81392c70-9f4f-11e5-ad15-0242ac1103d0 172.17.3.208:3306 SECONDARY READ_ONLY 1.0
84d6578f-9f4f-11e5-ad3b-0242ac1103d2 172.17.3.210:3306 PRIMARY READ_WRITE 1.0


[さらに読む]
14 件中 1 - 10 件を表示
次の 4 件 »