1205 件中 1 - 10 件を表示
次の 10 件 »
Displaying posts with tag: MySQL (reset)
index_condition_pushdownの条件

5.6.1で既に実装されていてDefaultでONになっているので,5.6や5.7では普段殆ど気にしてませんでしたが、質問頂いたのでindex_condition_pushdownの条件を再確認。
DefaultはONになっています。あえて、OFFにするメリットはあまり無いかと思います。

Index Condition Pushdown(ICP): ストレージエンジンからフェッチしたレコードをMySQLが評価してWHERE区の条件による絞り込みを行っていたが、
インデックスが貼られたカラムを用いた評価については、ストレージエンジンへ条件式を渡し(プッシュダウン)、ストレージエンジン側で評価を行わせることによってオーバーヘッドの低減させる。

ICPの目標は、完全なレコードの読み取りの回数を減らし、それによって I/O 操作を減らすことです。InnoDB …

[さらに読む]
MySQLのVALUES関数の(今のところ)唯一の使い道

TL;DR PostgreSQLの VALUES は引数の表リテラル(行リテラルや列リテラルを含む)をテーブルリファレンスにして返してくれる関数だけれど、MySQLの VALUES は残念ながらそんなことはない。 MySQLのINSERTにおけるVALUESはただのキーワードでVALUES関数ではない。 なのでPostgreSQLみたいに表リテラルからテーブルリファレンスを組み立てる用途には使えない(´・ω・`) < よく言われるやーつだ

[さらに読む]
pfs_example_plugin_employee.so is 何

プラグインディレクトリーを覗いてたら pfs_example_plugin_employee.so なるファイルがあって知らないものなので調べてみた。 知らないプラグインを見つけた時の身元調査用に使えるかも知れないのでメモ。 まずはビルドしたディレクトリーの中で find 、MySQL(に限らないのかもだけど)ではコンパイルした時にソースコードのすぐとなりにバイナリーが出来上がるので、変に名前の一部からディレクトリーの名前を類推するよりもこっちの方が楽だったりする。

$ find -name "pfs_example_plugin_employee.so"
./plugin/pfs_table_plugin/CMakeFiles/CMakeRelink.dir/pfs_example_plugin_employee.so
./plugin_output_directory/pfs_example_plugin_employee.so

という訳でソースは plugin/pfs_table_plugin の近くにありそう。

[さらに読む]
MySQL Enterprise Edition on official docker image

MySQL Enterprise Edition on official docker image

商用版のライセンスを利用者が別途準備する事で(Bring Your Own License)商用版のMySQLをDockerで利用する事が可能です。
https://blogs.oracle.com/mysql/mysql-enterprise-edition-now-in-docker-store

MySQLライセンスについては此方を参照下さい。
https://www.mysql.com/jp/products/
物理サーバーライセンスなので、Dockerを複数立ち上げるような開発環境ではコストメリットが大きいかと思います。

STEP1: Dockerストアにアクセス
https://store.docker.com
https://store.docker.com/images/mysql-enterprise-server 

[さらに読む]
MySQLジャンキーにngx_mrubyを与えた結果

この記事は mod_mruby ngx_mruby Advent Calendar 2017 の18日目の記事です。
時間オーバーしてますごめんなさい。 本題に入る前に、この記事をご覧の方の中に “MySQL HTTP Plugin” をご存知の方はいらっしゃるでしょうか? (MySQL Casualな方々はこの辺でオチの予想がついたはず) MySQL HTTP Pluginは2014年ころに MySQL Labs で公開されていた「実験室版」として配布されていて、 MySQLがHTTPをしゃべるようになるプラグイン です。 何言ってるのかよくわからないとか、誰得? とか思うかも知れませんが、そんな細かいことを気にしてはいけません。とにかく、MySQL(mysqld)がHTTPをしゃべったんです。 …

[さらに読む]
InnoDB: Fatal : Cannot initialize AIO sub-system でmysqldが起動しない…だと…

1サーバーにゴツゴツmysqldを詰め込んでいる環境で、ふとこんなエラーでmysqldが起動しなかった。

2017-12-18 17:50:38 12256 [Note] InnoDB: Using Linux native AIO
2017-12-18 17:50:38 12256 [Note] InnoDB: Using CPU crc32 instructions
2017-12-18 17:50:38 7f2b86333740 InnoDB: Warning: io_setup() failed with EAGAIN. Will make 5 attempts before giving up.
InnoDB: Warning: io_setup() attempt 1 failed.
InnoDB: Warning: io_setup() attempt 2 failed.
InnoDB: Warning: io_setup() attempt 3 failed.
InnoDB: Warning: io_setup() attempt 4 failed.
InnoDB: Warning: io_setup() attempt 5 failed.
2017-12-18 17:50:40 7f2b86333740 InnoDB: Error: io_setup() failed with EAGAIN after 5 attempts.
InnoDB: You can disable Linux Native AIO by setting innodb_use_native_aio = 0 in my.cnf
2017-12-18 17:50:40 12256 [ERROR] InnoDB: Fatal : Cannot initialize AIO sub-system
2017-12-18 17:50:40 12256 [ERROR] Plugin …
[さらに読む]
mikasafabric for MySQLのつらいところ

この記事は MySQL Casual Advent Calendar 2017 の8日目の記事です! 1週間前の記事、 日々の覚書: これが多分最後の「MySQL Fabricつらい」 でお焚き上げをしたMySQL Fabricですが、 世の中の物好きな会社 がMySQL Fabricをフォークして mikasafabric for MySQL として使っています。 今日はそのmikasafabric つらい つらくない話をします。ハンカチの用意はよろしいでしょうか。 取り敢えずぶっちゃけた話をするとPythonつらい。

  • どこにクローズ漏れがあるのか …
[さらに読む]
ConoHaの上でひたすらMySQLをビルドする簡単なお仕事

この記事は ConoHa Advent Calendar 2017 の4日目の記事です。 「ConoHaの上で」と銘打ってはいますが、俺の普段使いのLinux環境がConoHaだからというだけで、VirtualBoxだろうとEC2だろうとCentOS 7.4なら全部似たような結果になると思います というわけでまずは吊るしのConoHaのVPSインスタンスを作ります。 最近のMySQLはビルドに結構メモリーを食うのでメモリーは1GBのものを選びました(512MBだと、途中でOOM Killerに殺されるかまたは永遠にビルドが終わらないと思います。5.7とそれ以降) WEBからポチポチしてSSHでログインできたら、さっさとビルドを開始します。 まずは 5.0からいきましょう。 2017/12/04現在、サポートが継続されているMySQLは5.5, 5.6, 5.7の3系統です。 …

[さらに読む]
MySQL 8.0でカジュアルにウインドウ関数(rank, dense_rank)

MySQL 8.0でカジュアルにウインドウ関数(rank, dense_rank)

本エントリはMySQL Casual Advent Calendar 2017の3日目です。

MySQL 8.0ではウインドウ関数がサポートされる予定である最新の8.0.3 RCで実際に動作させることが可能です。

12.19.1 Window Function Descriptions

高度な使い方の代表例としては、以下のように自己結合の代替する、というものですが、

津島博士のパフォーマンス講座 第47回 自己結合と分析ファンクションについて

[さらに読む]
ytkit - Yoku-san no ToolKITの紹介

このエントリーは OSS紹介 Advent Calendar 2017 の3日目の記事です。 ytkit はMySQLの運用に使いそうなちょっとしたスクリプト群です。 2017/12/03現在、ytkitには2つのスクリプトが存在しています。 yt-binlog-groupby mysqlbinlog の出力結果をパイプで受け取って、テーブルや時間単位でGROUP BYするためのスクリプトです。 前身は mysqlbinlog_lister.pl というスクリプトで、これをテスタブルに書き直して機能を追加したものが yt-binlog-groupby になります。 お手軽にMySQLのバイナリーログを集計するスクリプトのはなし | GMOメディア …

[さらに読む]
1205 件中 1 - 10 件を表示
次の 10 件 »