14 件中 1 - 10 件を表示
次の 4 件 »
Displaying posts with tag: Linux (reset)
MySQLジャンキーにngx_mrubyを与えた結果

この記事は mod_mruby ngx_mruby Advent Calendar 2017 の18日目の記事です。
時間オーバーしてますごめんなさい。 本題に入る前に、この記事をご覧の方の中に “MySQL HTTP Plugin” をご存知の方はいらっしゃるでしょうか? (MySQL Casualな方々はこの辺でオチの予想がついたはず) MySQL HTTP Pluginは2014年ころに MySQL Labs で公開されていた「実験室版」として配布されていて、 MySQLがHTTPをしゃべるようになるプラグイン です。 何言ってるのかよくわからないとか、誰得? とか思うかも知れませんが、そんな細かいことを気にしてはいけません。とにかく、MySQL(mysqld)がHTTPをしゃべったんです。 …

[さらに読む]
InnoDB: Fatal : Cannot initialize AIO sub-system でmysqldが起動しない…だと…

1サーバーにゴツゴツmysqldを詰め込んでいる環境で、ふとこんなエラーでmysqldが起動しなかった。

2017-12-18 17:50:38 12256 [Note] InnoDB: Using Linux native AIO
2017-12-18 17:50:38 12256 [Note] InnoDB: Using CPU crc32 instructions
2017-12-18 17:50:38 7f2b86333740 InnoDB: Warning: io_setup() failed with EAGAIN. Will make 5 attempts before giving up.
InnoDB: Warning: io_setup() attempt 1 failed.
InnoDB: Warning: io_setup() attempt 2 failed.
InnoDB: Warning: io_setup() attempt 3 failed.
InnoDB: Warning: io_setup() attempt 4 failed.
InnoDB: Warning: io_setup() attempt 5 failed.
2017-12-18 17:50:40 7f2b86333740 InnoDB: Error: io_setup() failed with EAGAIN after 5 attempts.
InnoDB: You can disable Linux Native AIO by setting innodb_use_native_aio = 0 in my.cnf
2017-12-18 17:50:40 12256 [ERROR] InnoDB: Fatal : Cannot initialize AIO sub-system
2017-12-18 17:50:40 12256 [ERROR] Plugin …
[さらに読む]
Ruby, MySQL のうるう秒の扱い

2015/7/1 にうるう秒が挿入されるということで、うるう秒の話題が盛り上がってるようなので自分も書いてみます。

Linux 上のプログラムが時刻で60秒を刻むには、うるう秒対応のタイムゾーンを使う必要があります。

通常はうるう秒を考慮していないタイムゾーンが使用されているので、60秒を含む時刻になることはありません。 60秒を含む時刻を扱うには、right/Japan のように right/ を前につけたタイムゾーンを指定します。

前回のうるう秒は 2012/7/1 08:59:60 (JST) だったので、これで試してみます。

% TZ=Japan date --date='2012-07-01 08:59:60'
date: `2012-07-01 08:59:60' は無効な日付です
% TZ=right/Japan date --date='2012-07-01 08:59:60'
2012年  7月  1日 日曜日 08:59:60 JST

Ruby

[さらに読む]
LOAD DATA INFILEで複数ファイルを食わせるのにちょっとだけ有効なTIPS

LOAD DATA INFILEで複数のファイルを順番(じゃなくてもいいけど)食わせる場合を考える。

↓こんなかんじ


$ ll *.tsv
-rw-rw-r-- 1 mysql mysql 541810051 Sep 16 10:51 20140912.tsv
-rw-rw-r-- 1 mysql mysql 523910384 Sep 16 10:52 20140913.tsv
-rw-rw-r-- 1 mysql mysql 513351897 Sep 16 10:53 20140914.tsv
-rw-rw-r-- 1 mysql mysql 513221906 Sep 16 10:54 20140915.tsv



無圧縮なファイルなら、シェルでぐるんぐるん回すのが便利。

$ for f in *.tsv ; do
> mysql -sse "LOAD DATA INFILE $f INTO TABLE .." && gzip $f
> done



成功したらgzip圧縮とかそのまんま書けるのでラク。
ただし、圧縮ファイルだと"展開" => "LOAD DATA INFILE" => …

[さらに読む]
pt-ioprofileでMySQLのテンポラリテーブルのサイズを測る

Percona-Toolkitのうちの1つにpt-ioprofileというやつがあって、
straceでwriteやread, fsyncのシステムコール呼び出し状況を記録して、
lsofでファイルディスクリプタ番号と紐付けて、集計して出してくれたりする。

一番単純な使い方は多分こんな感じ。



# pt-ioprofile --cell sizes --run-time 60
2013年  1月  6日 日曜日 17:08:03 JST
Tracing process ID 1824
     total       read    pread64   pwrite64      write       open    _llseek filename
      2191          0       1024       1167          0       …

[さらに読む]
cactiが動かないので遠回りに色々トレースしてみた

俺の仕事用VMはこんな感じでメジャーバージョン違いのMySQLが複数入っている(しかも、昨日から同時起動している)関係で、ポートやソケットファイルがデフォルトと違う状態で4つある。
色々あってそこにcactiを突っ込みたくなって、cactiのデータ格納用MySQLに5.5.29を任命。portは64055, socketは/usr/mysql/5.5.29/data/mysql.sock。
さて、cacti/include/config.phpを書き換えてっと。
多分接続先をlocalhostにすると、TCP portを使わずにソケット使おうとして、/var/lib/mysql/mysql.sockを見に行って転けるだろうから、(ソケットを指定できそうなパラメータはconfig.phpには無かったので)
$host = '127.0.0.1';$port = '64055';
にしておく。…が、敢え無く失敗。

[さらに読む]
$HOME/.my.cnfで無理矢理遊ぶ

意外に知られていない$HOME/.my.cnfを使って遊んでみよう企画。
$HOME/.my.cnfはMySQL関連のプログラムを起動した時に最後に読み込まれるオプションファイルで、オプションの優先順位が`後勝ち'なので直接渡したオプション以外はここに書いておいたものが/etc/my.cnfなんかと重複していても優先される。かつ、環境変数$HOMEに依存するので、特定のUNIXアカウントに対してのみ悪戯設定出来る。
ではれっつごー。

$ cat .my.cnf[mysql]execute = "SHOW PROCESSLIST"
$ mysql+----+------+-----------+------+---------+------+-------+------------------+| Id | User | Host      | db   | Command | Time | State | Info             |+----+------+-----------+------+---------+------+-------+------------------+|  7 | root | localhost | NULL | Query   |   …

[さらに読む]
In-memory database (inspired by 864GB of RAM for $12,000)

https://groups.google.com/forum/#!topic/nodejs/aqVYp5ABX_4

How to backing up MySQL using LVM

LVM is an implementation of a logical volume manager for the Linux kernel. The biggest advantage is that LVM provides the ability to make a snapshot of any logical volume.
In a production environment many users access the same file (file is open) or database. Suppose you start backup process when a file is open, you will not get correct or updated copy of file.
Read-only partition - to avoid inconsistent backupYou need to mount partition as read only, so that no one can make changes to file and make a backup:
# umount /home
# mount -o ro /home
# tar -cvf /dev/st0 /home
# umount /home
# mount -o rw /home

As you see, the draw back is service remains unavailable during backup time to all end users. If you are using database then shutdown database server and make a backup.
Logical Volume Manager snapshot to avoid inconsistent backupThis solution will only work if you have created …

[さらに読む]
How to extend Volume Groups and Logical Volumes on Linux

In the previous part of this article, we had a look at how to configure LVM, and we had successfully setup a Volume Group and two Logical Volumes. Now we are going to have a look at extending the group and volumes.
So let’s start the story from the previous part of this article!
Because, the mysql volume was filling up quickly so I decided to add a new disk of size 10 GB, and I really want to extend the mysql volume quickly, before the MySQL server stalls. With LVM, thats no longer an issue.
Partitioning the new diskFirst let’s have a look at the partition table,

$ fdisk -l

The new disk is /dev/sdb, but its not partitioned, so lets create a single partition spanning the whole disk.
We will do so using the fdisk utility,

$ fdisk /dev/sdb

which will provide you with an interactive console, that you will use to create the …

[さらに読む]
14 件中 1 - 10 件を表示
次の 4 件 »