2254 件中 1 - 10 件を表示
次の 10 件 »
utf8mb4_0900_ai_ci の速度をどう見るか

TL;DR

  • MySQL 8.0からデフォルトの照合順序が latin1_swedish_ci から utf8mb4_0900_ai_ci になった
  • さすがに latin1 をそのまま使っているとは思えないけれど、 utf8mb4 だけで見てもデフォルトは utf8mb4_general_ci から utf8mb4_0900_ai_ci に変更になっている
  • 「思ったよりは遅くならない」と見るか、「そんなに遅くなるのか」と見るかは人による気がする

まずは等価比較。
それぞれ10億回繰り返しているので、1回当たりの時間はナノ秒単位になる。
あと、データは保管せずただ比較しているだけなので、単純にCPU勝負のワークロードになる。

mysql80 8> SELECT BENCHMARK(1000000000, '1' = '1' COLLATE utf8mb4_0900_ai_ci) AS utf8mb4_0900_ai_ci; -- …
[さらに読む]
オープンソースカンファレンス2018福岡(OSC2018-Fukuoka)参画

 12月8日に福岡で開催された OSC2018-Fukuoka に参加してきました。

www.ospn.jp

 今回も日本MySQLユーザ会として、ブース出展とセミナーの開催を行ってきました。
セミナーは、朝の2枠目(11時から)。事前申込みの人数をみて「まぁこんなものかな」と思っていたら、実際にはそれよりもたくさんの人が聞きに来てくれて、良い感じの規模でお話をさせていただきました。「MySQLの …

[さらに読む]
i_s.ST_S_R_Sに見る様々な地球

RDBMS-GISアドヴェントカレンダー 7日目です。

本エントリのタイトルの正式名は「INFORMATION_SCHEMA.ST_SPATIAL_REFERENCE_SYSTEMS ビューに見る様々な地球」です。長いので省略しました。

 MySQLは 8.0 になって初めて「地球が丸い」という事を知りました。これはMySQL的にはどういうことかというと、内部に、地球の形(回転楕円体)のデータを持っているということです。

そもそも地球の形って?

[さらに読む]
MySQL 8.0でレスポンスタイムのヒストグラムが見れるようになった

このエントリーはMySQL Casual Advent Calendar 2018の7日目です。
自分は筆が遅く、11月から準備しようしよう、と思ってたにも関わらず、結局、直前になって書いてます。。。

さて、MySQL 8.0になって、performance_schemaが15個増えてました。

5.7では、87個。

mysql> select count(*) from information_schema.TABLES where TABLE_SCHEMA = 'performance_schema';
+----------+
| count(*) |
+----------+
| 87 |
+----------+
1 row in set (0.02 sec)

8.0では102個。

mysql> select count(*) from information_schema.TABLES where TABLE_SCHEMA = 'performance_schema';
+----------+
| count(*) |
+----------+
| 102 |
+----------+
1 row in set (0.04 sec)

[さらに読む]
マイエスキューエルにはPerl Mongerが必要かもしれないはなし

この記事は

[さらに読む]
MyNA(日本MySQLユーザ会) 望年LT大会2018@赤坂 開催しました

 日本 MySQL ユーザ会(MyNA)の忘年会として、東京は赤坂のワインバーを貸切にしての来たる年に望みをつなぐ 望年LT大会を開催しました。

connpass.com

 率直な感想としては、とにかく無事に終わってほっとしている、という部分が強いのですが、それもこれも皆さんの協力あってこそと感謝しています。

  • 当日お店に寄って、おいしいチーズをいっぱい買ってきてくれました
  • 会場についてからソフトドリンクの調達のお買いものに行ってくれました
  • 受付のための諸準備をしてきてくれました(名簿の印刷、名札やペンの用意等)
[さらに読む]
ConoHaの上でひたすらMySQLをビルドする簡単なお仕事 in 2018
[さらに読む]
[勝手に対応]MySQL8.0の分析関数の1(モードとメジアン)

本エントリはMySQL Casual Advent Calendar 2018の二日目です。今年は参加者少なく継続募集中です。

MySQLでは8.0からウインドウ関数に対応しました。これにより商用RDBMS御三家+PostgreSQLが対応していた
多くの分析関数・ウインドウ関数が利用できるようになりました。

分析関数については、山岸さんが以下の時系列の流れで詳細に解説してくださってます。

1.分析関数の衝撃(1-6) 商用RDBMSでの説明。主にOracle 10.2を利用。
2.MySQLで分析関数を模倣(1-5) 分析関数未実装のRDBMSでの説明。主にMySQL 5.1を利用。
3. …

[さらに読む]
最近のSQLite, 最新のSQLite 3.26.0

本エントリはSQLite Advent Calendar 2018の一日目です。すでに三日遅れていてスマヌ。

# このエントリは2018-12-04に書いていますが、投稿日付は一応2018-12-01にしてます。

まぁ、たぶん一人なのでがんばって書いていきます。

[最近のSQLite, 最新のSQLite 3.26.0]


SQLiteは、ぶっちゃけ単なるDBライブラリなので、同一のデータファイルをローカルでもサーバでも利用できるFirebirdの敵ではないと思ってました。しかしながら、多くのプラットフォームで便利に使われているし、SQL使いにとっては以下の大きな転機があり、今年(2018年) 11月と12月はSQLiteをフィーチャーすることにしました。

(1) CTE (Common Table …

[さらに読む]
余はなぜGIS機能に魅せられしか/今年の活動の整理

この日記は RDBMS GIS アドベントカレンダー2018の1日目です。


 この一年、 GIS 機能についてさまざまな経験をしたり学びを得たりしてきました。
この日記では一年の振り返りと、なぜ私がここまで GIS 機能に惹かれたのかについて紹介していきたいと思います。 直接の技術的な話はありませんが、データベースで扱うデータに対して、どのように興味関心を持って接しているか、という視点でお読みいただければ。

1 GIS機能とは。 …

[さらに読む]
2254 件中 1 - 10 件を表示
次の 10 件 »