2337 件中 1 - 10 件を表示
次の 10 件 »
ストレージエンジンをインストールしている環境でのリストアではまりがちなこと

TL;DR

  • plugin_dir に必要な .so ファイルを置いておくのは大前提
  • mysqldump から戻す時は、戻す前に自分で INSTALL PLUGIN
  • 物理バックアップから戻すときは基本的にそのまま戻して起動すればおk

周囲1mくらいで2回聞かれたのでメモしておく。
対象は ストレージエンジンプラグイン (デーモンプラグインである innodb_memcached とか mysqlx は対象外)かつサーバーデフォルトで有効になって いない もの( InnoDB, MyISAM などは対象外)、つまりだいたい Mroonga, TokuDB, RocksDB あたりをターゲットとして見ている。 …

[さらに読む]
gh-ostを中断させたらどうなるのかの試み

gh-ost 3日目。 gh-ostを中断させたらどうなるのか確認してみる。 pt-osc はデフォルトでは中断する時に

  • テンポラリーテーブル(gh-ost的には「ゴーストテーブル」) が残存する
  • テンポラリーテーブルに対するトリガーも残存する

な訳だがgh-ostはいかがなものか。 取り敢えず Ctrl + Cで終了させてみる

$ gh-ost --database=mysqlslap --table=t1 --alter="ADD KEY (intcol1)" --host=127.0.0.1 --port=21800 --user=msandbox --password=msandbox --allow-on-master --execute
..
^C
  • *_ghc*_gho なテーブルが残った
master [localhost] {msandbox} (mysqlslap) …
[さらに読む]
プログラマのためのSQL第四版読書会(37) 38.5 その他の時間関数:君のDOW(だう)はどう?

本日は以下の勉強会でした。

プログラマのためのSQL 読書会(37)

38.5 その他の時間関数(Other Temporal Functions)で、DOW(Day Of Week)という曜日を数値で返す関数の説明があり、
とりあえず翻訳でSQL Anywhereから差し替えられた[PostgreSQL]の説明が間違っているのと、各データベースの違いが顕著だったので、ここにまとめておきます。

[誤] 2〜8の値を返し、8が日曜日である。
[正] 0〜6の値を返し、0が日曜日である。

なんかぜんぜんちがうね。。。。

なお、数値が日曜日スタートか、月曜日スタートか、数値のはじまりが0か1かですげー混乱すると思うんですが。。。。

[さらに読む]
gho-stでスレーブからバイナリーログを食いながらインデックスを足してみる

TL;DR

  • マスターから食ってもスレーブから食っても動作が変わっているような気はしない
  • 能動的なスレーブの遅延監視を入れるなら --throttle-control-replicas を自分で入れないといけない

昨日 の続き。
昨日の時点では pt-online-schema-change っぽくマスターに接続してバイナリーログを吸いながらマスターに食わせたけれど、今日はデフォルトの「スレーブに接続してバイナリーログを吸ってマスターに食わせる」をやってみる。 早速。

$ master/my sqlslap --auto-generate-sql --auto-generate-sql-execute-number=100000 --auto-generate-sql-guid-primary

$ gh-ost --database=mysqlslap --table=t1 --alter="ADD KEY (intcol1)" --host=127.0.0.1 --port=21801 …
[さらに読む]
mysqldumpで出力されるINSERT文の最大長は?

mysqldumpの --extended-insert オプションを利用すると、出力されるINSERT文がバルクINSERTの形式になる。
まとめてINSERTすることで、書き込み回数を減らし、importにかかる時間を短縮するための仕組み。

どこまで長いINSERT文が生成されるんだろうか?
まさか、10Gのテーブルをdumpしたら、10Gの巨大なINSERT文ができる・・・ということはないよね・・・

結論としては、net_buffer_lengthに収まるように調整される。
マニュアルにも記載がある。

クライアント/サーバー通信用のバッファーの初期サイズ。複数行の INSERT ステートメント (--extended-insert オプションまたは --opt オプションを使用する場合など) を作成する場合、mysqldumpnet_buffer_length

[さらに読む]
第一印象 of gh-ost

TL;DR

インストール

  • releases にrpmパッケージもあるので yum でサクっと入れた。
    • コマンド1個だけが入っているとてもシンプルなパッケージ…
$ sudo yum install -y …
[さらに読む]
OSC award を受賞しました

これまでのOSC開催に多大な貢献をしたので、このたび「第6回 OSC アワード」を受賞いたしました。ありがとうございます。

www.ospn.jp

それはなに?

 日本各地で開催されている「オープンソースカンファレンス(OSC)」に【多大な貢献】をした人に贈られる賞です。

公式サイトの案内より:

オープンソースカンファレンスは2004年9月の開催以来、全国各地で開催を重ね、通算160回以上を開催して参りました。

[さらに読む]
OSC2019-Tokyo/Spring 参画

オープンソースカンファレンス2019東京・春(OSC2019-Tokyo/Spring)に参加してきました。
www.ospn.jp

 OSC東京の会場は、千葉県に住む私にとっては非常に遠いので、参加には毎度なかなか後ろ向きなのですが、理由あって今回も参加することと相成りました。いつも通り、日本MySQLユーザ会(MyNA)としてブース出展とセミナーを1枠開催。

写真はyokuさん



  …

[さらに読む]
Anemometer(結果として anemoeater も)がpt-query-digest 3.0.11とそれ以降で変な集計結果になる話

TL;DR

  • pt-query-digest 3.0.11で、クエリーダイジェストのチェックサムが変わった
    • MD5の下16桁(64ビット、BIGINT UNSIGNED)から、MD5を全部(32桁、128ビット、CHAR(32))使い切るように
  • この変更に 本家Anemometer が追従していないので、Anemometerと anemoeater はチェックサムによる集計結果がおかしくなる
  • 今のところのワークアラウンドはpt-query-digestのバージョンを3.0.10とそれ以前に下げる

最近なんか変だな、とは思ってたんですよ。
この一番左端の checksum の値が、今まではそこそこ16進っぽい文字列だったのに桁数がなんかすごく変で。 …

[さらに読む]
OSC2019-Hamanako参画

オープンソース浜名湖(OSC2019-Hamanako)に参画してきました。


www.ospn.jp

 いつもどおり、日本MySQLユーザ会(MyNA)として、セミナーを1枠もらってのお話と、ブースの出展とで。
申し込みが遅かったので、 …

[さらに読む]
2337 件中 1 - 10 件を表示
次の 10 件 »