98 件中 1 - 10 件を表示
次の 10 件 »
Displaying posts with tag: 8.0 (reset)
MySQL 8.0.30でもrpl_semi_sync_master_enabledとrpl_semi_sync_source_enabledは同じものではない

TL;DR

  • rpl_semi_sync_master_enabledsemisync_master.so 由来で rpl_semi_sync_source_eanbledsemisync_source.so 由来
    • 他のMaster/Source系と違って、MySQLサーバーの中で丸められているわけではなく、 INSTALL PLUGIN した時にどちらを入れたかに依存する

rpl_semi_sync_master_enabledrpl_semi_sync_source_eanbled (enabledに限らず、 rpl_semi_sync_*

[さらに読む]
MySQL on Windowsで8.0.20とそれ以降のmysqld.exeが--skip-grant-tablesでクラッシュすることがある

TL;DR

  • パラメーターの組み合わせを間違えた場合、本来Abortして起動しないもの(ここまでは意図的)がAbortの処理に失敗してクラッシュする
  • skip-grant-tablesしたい時はmy.iniに一緒にshared-memoryを書いてね!

MySQL 8.0では skip-grant-tables

[さらに読む]
replica_parallel_workers > 1 && replica_preserve_commit_order=ON && slave_parallel_type = LOGICAL_CLOCK && FLUSH PRIVILEGES + アカウント権限周りのステートメントをほぼ同時に打つとMySQLがデッドロックすることがある

TL;DR

再現方法。

8.0.19でレプリケーション設定をしたMySQLを用意する(8.0.28では再現しなかった。5.7.39でも今のところ再現していない)


$ make_replication_sandbox --how_many_slaves=1 8.0.19

$ cd sandboxes/rsandbox_8_0_19/

$ vim master/my.sandbox.cnf

..

binlog_group_commit_sync_delay = 1000000 ### binlogのgroup_commitを起こしやすくするため

$ vim node1/my.sandbox.cnf

..

slave_parallel_workers = 2

slave_preserve_commit_order = ON

slave_parallel_type = LOGICAL_CLOCK

$ ./restart_all

[さらに読む]
LINE Developer Meetup #73 - MySQL とわたし

 LINE Developer Meetup #73 - MySQL - connpass に参加してきました。

私のトークの資料はこちらで、

公開されているアーカイブ動画はこちらです。

ハッシュタグもまとめてみました。
LINE Developer Meetup #73 - MySQL ハッシュタグ拾い - Togetter

ここから先はポエムです。

今回、 “日本MySQLユーザ会のyoku0825” として参加しました。
俺はここ一年くらいスランプで、なんか(俺っぽい内容で)アウトプットできてないなあと思っていたので、初心に帰って 日本MySQLユーザ会 の肩書を借りて登壇させてもらいました。

[さらに読む]
MySQLのシノニムではないけど同じような動きをする何か(と、SHOW SLAVE STATUSとSHOW REPLICA STATUSの地味な違い)

TL;DR

実装上はシノニムになっていないけれど、同じ(ような)動きをする何かたち。

その1 その2 扱い
MASTER, SLAVE系 SOURCE, REPLICA系 sql/sql_yacc.yyの中で丸められている
{SHOW|PURGE} BINARY LOGS {SHOW|PURGE} MASTER LOGS 同上
[さらに読む]
xtrabackup 8.0.29とINSTANT COLUMNと

 

TL;DR


$ xtrabackup --version

2022-07-20T18:36:05.410933+09:00 0 [Note] [MY-011825] [Xtrabackup] recognized server arguments: --server-id=1 --log_bin=mysql-bin --log-bin-index=bin.index --innodb_buffer_pool_size=60G --innodb_file_per_table=1 --innodb_flush_method=O_DIRECT

xtrabackup version 8.0.29-22 based on MySQL server 8.0.29 Linux (x86_64) (revision id: c31e7ddcce3)

INSTANT COLUMNが無ければ、Vanilla …

[さらに読む]
MySQL 8.0.26とそれ以降のmysqldumpで--master-dataや--dump-slaveでバックアップを取るとリストアしようとした時にエラる

TL;DR

  • 慌てず騒がず、エディタでダンプを開いて次の行を消してください

    • WARNING: --master-data is deprecated and will be removed in a future version. Use --source-data instead.
    • または WARNING: --dump-slave is deprecated and will be removed in a future version. Use --dump-replica instead.
  • Affects Meすると早く修正されると思います

Command-line options for mysqldump that contain the terms “master”, “slave”, or “mts”.

[さらに読む]
mysqldumpからのリストアがERROR 3185 (HY000): Can't find master key from keyring で転ける

TL;DR

暗号化したテーブルをmysqldumpすると、 ENCRYPTION = 'Y' がテーブルオプションにくっついてくる。

--
-- Table structure for table `t1`
--

DROP TABLE IF EXISTS `t1`;
/*!40101 SET @saved_cs_client = @@character_set_client */;
/*!50503 SET character_set_client = utf8mb4 */;
CREATE TABLE `t1` (
[さらに読む]
オプティマイザヒントでDELETEステートメントに使わせるインデックスを強制する(MySQL 8.0から)

日々の覚書: MySQLから大量のレコードをちまちま削除するメモのコメント にあった、「DELETEでFORCE INDEXするにはテーブルリファレンス構文しかないの?」の話の続き(?)

MySQL 8.0のオプティマイザヒント には INDEX ヒントがあるので、こいつを使えばテーブルリファレンス構文でこねくり回さなくてもDELETEでインデックス指定ができそう。

mysql80 12> SHOW CREATE TABLE city\G
*************************** 1. row ***************************
Table: city
Create Table: CREATE TABLE `city` (
`ID` int NOT NULL AUTO_INCREMENT,
`Name` char(35) NOT NULL DEFAULT '',
[さらに読む]
MySQL 8.0.22のperformance_schema.error_logってエラーログのサイズと同じだけメモリを食うかも、5MBが上限かも

TL;DR

[さらに読む]
98 件中 1 - 10 件を表示
次の 10 件 »