5 件中 1 - 5 件を表示
Displaying posts with tag: GIS (reset)
MySQLのSpatial型カラムにSRIDは必須ではなかった

 私自身が勘違いしたまま先日も発表してしまった事があるようなので、追確認を行いました。ことの発端は、id:dupont_kedama さんの
MySQL8.0でGIS機能を試す No.1 - Ingressのリンク可能判定 - untitled .engineer
を見て、「あれっ?DDLでSRID指定していないのに、通るの、これ?」と twitter で伺ったことから。

 先日の発表での私の勘違いは:

誤: 位置(度またはメートル)を格納するカラムには、必ず 使用したい SRID …

[さらに読む]
ClubMySQL #4 で『周辺知識から理解するMySQL の GIS機能』の話をしました

 第4回目となる ClubMySQL にて、『周辺知識から理解するMySQLGIS機能』と題したお話をさせていただきました。
ClubMySQLは、ひとりの話をじっくりと聞くというコンセプトで開催している、セミナー形式のイベントです。ひとり30分程度までの持ち時間で何人かの話を順に聞くスタイルの勉強会に参加/開催 …

[さらに読む]
FOSS4G TOKAI 2018 に行ってきた話

 FOSS4G TOKAI 2018 に行ってきました。MySQL 8.0 でのGIS機能に興味を持ったことが高じて、週末にまったくアウェイの環境に行くなんて、どうかしている。
 地図を作っている人、地図の上にいろんな情報を乗っける人、そういう物を作っている人、そういう情報を使ってサービスをしている人。様々な立場でGISに関わっている人がたくさん参加されていて、たくさんの発表を聞かせていただきました。
foss4g-tokai.github.io


[さらに読む]
MySQLにてGeoHashを試してみた

MySQLでGeoHashを試してみた。以前、Webサイトを構築したときは、Google Map APIを利用して、住所から緯度経度を逆引きしてvarcharで作った列に情報を格納していましたが、あの時にgeohashを知っていたら色々とサービスで使えたかもしれない。。と思い、少し確認してみた。

MEMO:
Geohashは、任意の精度の緯度と経度座標をテキスト文字列にエンコード
Geohash値は、”0123456789bcdefghjkmnpqrstuvwxyz”から選択された文字のみを含む文字列

Geohash

桁数の誤差による差異

変換テーブル

[さらに読む]
MySQLの&GIS&二点間の半正矢式と距離。

Original post: http://anothermysqldba.blogspot.com/2013/05/mysql-gis-haversine-formula-and.html


MySQLは、人々がGISを考えるときに最初に頭に浮かぶのデータベースではありません。 以下に記載されているデータベースは、以下のとおりです。

  • オラクル
  • Microsoft SQL Serverの
  • IBM DB2
  • IBM Informixの
  • PostgreSQLの


[さらに読む]
5 件中 1 - 5 件を表示