21 件中 1 - 10 件を表示
次の 10 件 »
Displaying posts with tag: GIS (reset)
個性的なcsvからデータを取り出した話

コンピュータシステム周辺に関わっているとCSVファイルとのお付き合いは避けて通れないものと言えるでしょう。みなさんはどんなCSVとお付き合いしたことがありますか。
 セパレータが明確でない(というか明確なのだけど例外例外の積み重ねが意外とややこしい)のがcsvとのお付き合いで気を使うところですよね。

[さらに読む]
Geospatial Hackers Program に参加して優秀な成績を収めた話

 少し前の話になるのですが、Geospatial Hackers Program (GHP)というイベントに参加して来ました。実は、ハッカソンなるものに参加するのは初めてのことで、勝手も分からずに緊張していたのですが、素敵な仲間たちと出会い、心地よく参加させていただくことができました。

Geospatial Hackers Program とは

 公式サイトによると「多方面で注目を集める高需要スキル 「G空間技術」 をイチから学び、エンジニアの方ももそうでない方も、地域課題の解決や新規ビジネス創出に活かせる力を手にいれる2日間の集中プログラムです。 …

[さらに読む]
MySQLの生成列を使って緯度・経度の列をGEOMETRYに

 緯度と経度それぞれが別々のカラムに格納されているデータに対して、生成列を使ってGEOMETRY型のカラムとして扱えるようにする方法を考えてみました。速度面で何かディスアドバンテージがあるのか否かは未知数ですが、こんな方法もあるのだというヒントになればと思い、書いてみました。

元データの用意

 まず、緯度、経度それぞれが別々のカラムに格納されているテーブル spot1 を作成し、データを投入します。

DROP TABLE IF EXISTS spot1;
CREATE TABLE spot1 (
  id integer auto_increment,
  name varchar(256) ,
  lat double ,
  lng double ,
  PRIMARY KEY (id)
);

INSERT INTO spot1 (name, lat, lng) VALUES ('サークルハッピー寺院', 35.16110304 ,136.87678426);
INSERT INTO spot1 (name, lat, lng) VALUES ('旋法学園螺旋',         35.16814112 ,136.88577498);
INSERT INTO …
[さらに読む]
MySQLのSRID()でSRID変換する際にaxis-orderで悩んだ話

訳あって、MySQLで「GEOMETRY型のカラムに、いったん SRID=0で登録したあと、一気に正しいSRIDに変換する」ということをやろうとしたところ、思惑通りにいかず随分悩んだので、整理しておきます。

やろうとしたこととエラー発生

 ここではシンプルな例に置き換えた再現実験で紹介します。

 まず、GEOMETRY型を入れられるテーブルを作りデータを1件登録します。

CREATE TABLE g1 (g GEOMETRY);
INSERT INTO  g1 VALUES (ST_GeomFromText("POINT(35 135)"));

 SRIDを指定していないので、SRID=0で登録されています。axis-orderは lat-long です(というか、そうなっていることを期待して登録しました)。登録された内容を確認してみます。

mysql> SELECT …
[さらに読む]
解決:高緯度ほど緯度1度が広くなる謎(追記あり)

数日前の日記の中で、「緯度1度あたりの長さは、緯度の高低に依らず一定と予想して、MySQLで計算してみたところ、差が出てびっくり」という実験結果を紹介しました。
http://sakaik.hateblo.jp/entry/20191202/mysql_gis_metre_per_degree

これは、地球が(そして今回計算に使用した JGD2011が)真球ではなく回転楕円体だからということに起因するものであると、すぐに想像できましたが、いやまて、よく見ると高緯度のほうが1度あたりの距離が長い。 

mysql> SELECT id, ST_Distance(pos1, pos2)  FROM g3 ORDER BY ID;
+------+-------------------------+
| id   | ST_Distance(pos1, pos2) |
+------+-------------------------+
|    0 | …
[さらに読む]
MySQL Technology cafe #6 でMySQLのGISの話をしてきました

 そんなわけで、12月5日に開催された Oracle Technology Cafe #6 にて、発表の機会をいただき、あんなことやこんなことを語ってきました。
 この2年間、色々なところでMySQLGISについてお話をしてきて、そろそろ「 …

[さらに読む]
経度一度はどれくらいの長さ?MySQLをつかって調べてみよう

この日記は、RDBMS-GIS(MySQL,PostgreSQLなど) Advent Calendar 2019 の2日目の記事です。
( https://qiita.com/advent-calendar/2019/rdbms_gis )

経度一度ってどれくらい?

 赤道付近の一周の長さが だいたい 40,000km だというのはみんな知っていますよね。実際はもう少し長いのですが、とりあえず感覚的なものでいいです。で、経度というのは、緯度が上がっていくごとに円が小さくなりますから、1度の長さもどんどん短くなるはずです。どんな感じなのかな、と …

[さらに読む]
MySQL: ストアドで度分秒変換

GIS関係のデータを探していると、緯度経度を表す数値として、度で表されているものと、度分秒で表されているものがあります。MySQLで扱えるのは、度(「35.65810012度」のような数字)です。度分秒(「35度39分29.172秒」のような表現)で公開されているデータを度単位に直すのが意外と面倒くさいので、こんなストアドを試しに作ってみました。

delimiter //
CREATE FUNCTION dfb2deg(d float, f float, b float)
                RETURNS float DETERMINISTIC
  RETURN d+f/60+b/60/60
//
delimiter ;

こうやって使います。

mysql> SELECT dfb2deg(139, 44, 28.8869);
+---------------------------+
| dfb2deg(139, 44, 28.8869) |
+---------------------------+
|        139.74136352539062 | …
[さらに読む]
FOSS4G 2019 Niigata 参画

FOSS4G Niigata に参加してきました。この分野は新参者だし、趣味で素人なので、ひっそりと一参加者としてです。
とは言いつつも、懇親会ではライトニングトーク(LT)の枠も頂戴して、趣味全開のお話を披露させていただきました(後述)。



www.osgeo.jp

前日(=ハンズオンデイ)日中

[さらに読む]
測量士補試験を受けてみた話

 MySQL 8.0 で GIS の機能が本格的になった(測地系の概念が入った)ことをきっかけに、位置情報的なものに興味を持った私です。最近はもう、MySQLの機能とは関係ないところで*1、緯度経度がどうやって決められているかとか、地図作るのにどうやって正確に場所を特定したり写真を上手に補正したりするんだろうという所に興味を持ったり、蘊蓄を語りたくなるポイント(地図学の聖地と呼んでいます)を訪問して密かに感動してみたり、勝手に盛り上がっています。 …

[さらに読む]
21 件中 1 - 10 件を表示
次の 10 件 »